Category Archives: 出演 Interviews & Appearance

「産経ニュース」にインタビューが掲載(2016年4月23日)

「産経ニュース」にインタビューが掲載(2016年4月23日)image

image

エルドリッヂ元在沖縄米海兵隊政務外交部次長 「オスプレイ反対という人よ、災害で同胞犠牲にするのか」

熊本地震の救援活動のため、在日米海兵隊がオスプレイを投入したことに批判が出ているのですか。はあー、情けない。情けない。政治的な主張と、災害対応は分けて考えるべきです。少なくとも今くらいは、意味のない議論はやめなさいと言いたいです。

オスプレイは従来のヘリコプターCH46と比べて、搭載量は3倍、速度は2~3倍、航続距離は2~4倍です。災害において最も役立つ航空機です。

自衛隊のCH47の搭載量はオスプレイより多いですが、航続距離や速度は劣ります。他の自衛隊のヘリは搭載量が少ない。被災地から48人を急いで搬送するときに、6人しか運べないヘリ8機と、24人を運べるオスプレイ2機のどちらがいいでしょうか。オスプレイは航続距離が長いので、給油せずに何回も被災地を往復することができます。

フィリピン台風災害で活躍

2013年11月のフィリピンの台風災害では、まさに、オスプレイがその役割を果たしました。

被災地に一番早く入ったのは、フィリピン政府ではなく沖縄の海兵隊でした。空港は大きな被害を受けて飛行機は降りられない。ヘリは航続距離が短く、被災地まで一気に飛べない。オスプレイは沖縄から3時間ほどでフィリピンのクラーク基地に展開し、被災地との間を往復しました。計349回飛行し、救援物資を届け、2万人近くの被災者を搬送したんです。

東日本大震災の「トモダチ作戦」で在沖海兵隊は迅速に展開しましたが、旧型のCH46ヘリは現地まで3日かかりました。あのときオスプレイが日本に配備されていたら、3時間程度で展開できたでしょう。海兵隊は、孤立した宮城県気仙沼市の大島の救援活動も行いましたが、地元の方は「あのときオスプレイがあれば」と言ってくれます。

日本では今後、南海トラフ地震の発生が予想されています。被災地は東海から四国まで広範囲になり、道路が寸断されて孤立する集落が多く出るでしょう。

そうなれば、海上からの作戦が重要になります。海兵隊、オスプレイの能力を生かせます。海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦や米軍岩国基地(山口県)を燃料補給や整備の拠点にすれば、被災地のインフラに負担をかけない利点があります。

熊本でのオスプレイの役割は物資輸送だけで、南海トラフのシナリオと比べれば任務としては1ランク、2ランク下でしょう。しかし、自衛隊と米軍が一緒に仕事をすることで、相互運用性は確実に高まります。防災では日ごろから顔の見える関係を築いておくことが重要です。そこから生まれる教訓は次の災害で確実に役に立ちます。命をもっと救うことができます。

(続きはこちらからどうぞ)

 

 

❷「CGS 日本再生スイッチ」で神谷氏、ケント氏と対談(2016年3月26日)

第20回 作られた「沖縄問題」の真実

image

image
2016/03/26 に公開 引き続き『危険な沖縄』に基づいてお話しして行きます。 今回のテーマは「作られた沖縄問題」ということで、沖縄問題が各種メディアや言論によ­って作られているという事実を指摘します。 一体誰が、何のために、沖縄での基地問題や在日米軍問題を悪いこととして扱わなければ­ならないのでしょうか。 考えて報道を読み解いて行く力がなければ、これらの流れに翻弄されてしまいます。

【終了しました】「中山泰秀のやすトラダムス」に出演 (2016年1月31日)

 

****終了しました

中山泰秀 元外務副大臣、現職 衆議院議員 自由民主党大阪府支部連合会会長のラジオ番組「中山泰秀のやすトラダムス」キッスFM神戸89.9Mhzに出演します

image

【深夜24時ー全国放送】

2月1日 24 時〜

毎週日曜日深夜24時から、「中山泰秀のやすトラダムス」キッスFM神戸89.9Mhz
→地上波にて生放送でお届けいたします。

地上波の電波エリアは近畿2府4県ですが、
インターネット経由で「radiko.jp(ラジコ)」などでもお聴き頂けます。

詳細は、キッスFM神戸のホームページにてご確認頂けましたら幸甚です。
http://www.kiss-fm.co.jp/
同時にホームページから「メッセージ」を受付けさせて頂けますので、どしどしお寄せ下さい。

「プライムニュース」に出演しました。(2016年1月25日)

「プライムニュース」に出演しました。(2016年1月25日)

    ロバート博士と小野寺五典 元防衛大臣

番組終了後、ロバート博士と小野寺五典 元防衛大臣と久しぶりの再会に、笑みが溢れる。

 

image

image

image

image

下記からご鑑賞できます。

BSフジテレビ プライムニュース
ハイライトムービー
2016/01/25 『沖縄vs政府論争の行方 米海兵隊元幹部初登場』 【前編】


2016/01/25 『沖縄vs政府論争の行方 米海兵隊元幹部初登場』 【後編】

 

 

 

「プライムニュース」BSフジテレビに出演します(2016年1月25日)

 

「プライムニュース」BSフジテレビに、ロバート博士が出演します。

2016年1月25日(月)夜 8:00
『鍵握る市長選の結果と沖縄vs政府論争の行方 米海兵隊元幹部初登場』

ゲスト
・小野寺五典 自由民主党政務調査会長代理 元防衛相 衆議院議員
・糸数慶子 参議院議員 沖縄社会大衆党委員長
・ロバート・D・エルドリッヂ 元在沖縄米軍海兵隊外交政策部次長

ロバート博士は、震災後、小野寺五典前防衛大臣と、親しくさせて頂きました。大臣の任期を終えた直後に、ロバート博士は、公益財団法人 世界平和研究所HP に小野寺前防衛大臣についての論点を掲載しました。(次リンクからどうぞ。)「小野寺五典  一生に一度の防衛大臣」(ロバート・D・エルドリッヂ客員研究員)  (2014年10月6日)

小野寺防衛大臣、グラック中将、ロバート博士

写真:小野寺防衛大臣、グラック中将、ロバート博士。小野寺大臣は東北の震災で甚大な被害をもたらした、気仙沼市のご出身。大臣に就任する前に、ロバート博士と、オスプレイの視察などを行った。その際、中隊長と面会し、同中佐によるオスプレイの詳細説明を受け、小野寺代議士とは、納得するまで意見交換をしました。大変な勉強家だったと、当時の思い出話をしている場面です。この会合に同席した事務次官をはじめ防衛省の関係者は大変な驚きだったようです。詳細は、ロバート博士が書いた近刊予定の「大島と海兵隊の物語」集英社出版に書かれています。 Continue reading 「プライムニュース」BSフジテレビに出演します(2016年1月25日)