「夕刊フジ」(2016年2月24日)

 

夕刊フジのコラムで、八重山日報編集長・仲新城誠氏がロバート博士の警鐘を引用。 

image

ZakZak/Webから全文がご覧になれます。

 元米海兵隊政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は「中国は尖閣に、簡単に基地を造ることができるだろう。オスプレイのような技術を盗み、機材を開発できるようになれば、大きな飛行場は要らない。ジェット機も尖閣に着陸できるようになる」と警鐘を鳴らす。